2015年9月25日金曜日

「絶対に断られない話し方」とは?

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。


【実践のツボ1】「絶対断られない話し方」をマスターする

断られないような話し方をすれば絶対に断られない。

じつは、そんな話し方があるのだ。

たとえば、私が和菓子の営業マンだとして、絶対に断られない方法は、その和菓子を美味しそうに食べながら、その商品の美味しさ、素晴らしさをただひたすら伝え続けることなのだ。

「この羊羹、甘さが普通のとは全然違ってしつこくなくて、どれだけ食べても飽きないんですよ」等、次々と話し続け、いろんな角度から攻めて、相手が「欲しくなってきた」と言うまでやり続けるのだ。

これならば、こちらは、ただその商品の素晴らしさを言っているだけなのだから、相手は「いらない」とは言えないのだ。


【実践のツボ2】差し出す時はタイミング良く、押し出さずに

そして、相手がいよいよ欲しくなってきた時は、「どうぞ」と食べやすいように出してあげよう。

それも、押し出さずに。

そうすれば、圧迫感もないからお客様も抵抗がない。

つまり、こちらから勧めるのではなく、いかにお客様から身を乗り出させるかなのだ。



【絶対に断られない話し方のツボ】
★勧めず、ひたすら商品の素晴らしさを伝え続ける
★お客様に身を乗り出させるような話し方を心がける



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿