2015年12月20日日曜日

腹が立ったら、その気持ちを紙に書く

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。

デキモノでも何でも、表面化してくると消えるという法則があります。

悪いものが表に出てくるということは、よくなる前兆なのです。

逆に、悪いものがあるのに、それを出さないでおくと、事態はさらに悪化していくのです。

腹が立ったことをいつまでも自分のうちに溜めておくと、やがてそれが恨みや憎しみに変わってしまいます。

それがさらにひどくなると、トラウマ(過去の心の傷)になってしまう可能性もあります。

ですから、私たちの心の中にある悪感情も、早く外に出してしまった方がいいのです。

また、腹が立ったというようなネガティブな感情を人にぶつけると、その人に迷惑をかけてしまいますから、それは避けねばなりません。

あなたの腹立たしい気持ちは、紙に書いて捨てて下さい。

そうすれば、あなたの気持ちも徐々におさまり、きっとそれだけで、あなたの心は楽になります。


腹が立つ時は、その感情を紙に書いていけば、次第に落ち着いてきます。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


0 件のコメント:

コメントを投稿