2015年12月22日火曜日

正論を言う前に相手の気持ちを理解する

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。

人は、相手が言っていることが正しいかどうかを判断する前に、その人が好きか嫌いかという感情が先に働くものです。

あなたも、誰がみても正しいことを言っているのに、なかなか相手に理解されないという経験があるかもしれません。

もし、そういうことがあったとしたら、それは、その人の感情を満たしていないということなのです。

人の感情というのは、好きか嫌いか、あるいは敵か味方かというようなこと。

物事が上手くいかない時は、そういうような感情が障害になっている場合が多いのです。

その感情というものを理解できれば、物事はスムーズに運ぶようになります。

正論で押しとおしていくよりも、「この人の話なら聞いてみよう」というふうに思ってもらうことが大切なのです。


主張をとおしたい時は、まず自分のことを好きになってもらうこと。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


0 件のコメント:

コメントを投稿