2016年6月30日木曜日

電話では語尾を上げて話す

こんにちは、佐藤康行です。
語尾を上げて話すのと、語尾を下げて話すのとでは、相手に与える印象が全然違ってきます。

電話では、相手の顔がみえません。

だから、なおのこと、声のトーンに気をつける必要があるのです。

電話から受ける印象で、仕事や友人関係が、スムーズに進むか進まないかが決まってくるのです。

ですから、明るく語尾を上げて、応対しましょう。

それだけでも、相手の方に好印象を与えることができるのです。

例え、暗い気分の時でも、言葉は、明るく接するよう心がけて下さい。

語尾を上げて、明るいトーンで話しているうちに、気持ちが高揚し、楽しく話せるかもしれません。

そして、相手の方も心を開いてくるのです。 


電話で話す時、語尾を上げて話せば、人間関係がスムーズになることでしょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

薬のみに頼らず、90日間でうつ病の寛解率90.9%、最新のうつ病治療法
東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック






いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿