2016年6月7日火曜日

膨大・複雑な商品知識を把握する秘訣

こんにちは、佐藤康行です。


【実践のツボ1】”最大の売り“と目的をまず見極める

商品の数が多かったり、複雑な機械であったりすると、商品知識を完壁にしてから営業に出るのが難しくなる。

そういう場合は、たとえば、車を売る場合、機能のことを細かく覚える前に、まず、その車の”最大の売り“は何なのか、どういう目的で開発された車なのか、といったポイントを覚えることが大事だ。

そのポイントを明瞭に、かつ自信を持って話せるようにしておこう。


【実践のツボ2】優先順位をつけて身につけていく

そこまでできたら、次にその他の大事な項目をざっと把握しよう。

「他社と比べ優っているのは」「主な機能は」「その商品にどんな利益があるか」「アフターフォロー体制はどうか」

あとは、お客様に数多く会えば、どこに興味を持っているのか、何を求めているのかがわかってくるはずだ。

そのニーズに焦点を絞って、知識を修得していくのが一番効率良い。

商品知識に自信のない人は、このように優先順位をつけて身につけていこう。


【商品知識をバッチリ把握するツボ】

★まず”最大の売り“と”目的”を把握する
★大枠からニーズへと、順番に優先順位をつけ把握していく

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

薬のみに頼らず、90日間でうつ病の寛解率90.9%、最新のうつ病治療法
東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック






いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿