2016年10月1日土曜日

「私は間違っていない」という思いを捨てよう

こんにちは、佐藤康行です。


善人と悪人、どちらの人が救われやすいと思いますか?

こう質問すれば、ほとんどの人は「善人」と答えるでしょう。

しかし、じつのところは、悪人の方が善人よりも救われやすいのです。

なぜかというと、悪人は自分の犯した罪を自覚していますが、善人は、悪いことをしていたとしても、罪を自覚していないことがあるからです。

つまり、自分の悪いところに気づいている人の方が、自分を向上させられるのです。

問題や悩みを抱えている人も同様です。

何とかしたいという思いが強ければ強いほど、それは成長へのバネとなり自分をより向上させられます。

問題なのは、「私は間違っていない」と思って、相手を悪人にしてしまう善人です。

物事を深く掘り下げて考えることができないので、表面的になってしまい、それ以上の精神的な成長を止めてしまいます。

ですから、まず「自分は正しい」という思い込みを捨て、視野を広げ、自分を向上させていきましょう。


「自分は正しい」という思い込みを捨て、悪いところを自覚することで、自分をより向上させられます。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

薬のみに頼らず、90日間でうつ病の寛解率90.9%、最新のうつ病治療法
東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック






いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿