2016年10月9日日曜日

営業という仕事で愛と誇りを持つ

こんにちは、佐藤康行です。



【実践のツボ1】毎日働くのは愛の本能のためである

私たちが毎日働くのはお金を稼ぐためだ。

お金がないと生活が不自由になるからである。

それではなぜ、私たちは自由を強く求めているのだろうか?

それは、自分や愛する家族に安心した生活を与えてあげたいからだ。

自分や家族が満たされるようになると、今度は自分のまわりにいる多くの人たちのために少しでも役に立てればと思うようになる。

それは、われわれ人間が持っている本能そのものなのである。


【実践のツボ2】営業こそが愛に最も近い仕事である

そのことからすると、私たちが仕事をするのは、人に喜びや愛を与えたいからだ。

仕事というのは、私たちの愛が形となって現れたものだということができるのである。

そのように考えると、営業という仕事ほど直接自分の愛を人に届けられる仕事はない。

それをよく自覚すれば、あなたも営業という仕事に誇りを持つことができるはずである。


 【仕事に誇りを与えるツボ】
★毎日の自分の活動に、人への愛を見出す
★仕事の本質も、愛であることを知る


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

薬のみに頼らず、90日間でうつ病の寛解率90.9%、最新のうつ病治療法
東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック






いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿