2016年11月16日水曜日

見込みのないお客様には、1秒で断られよう!

こんにちは、佐藤康行です。


【実践のツボ1】1秒で断られるようになろう

断られるのも、1秒で断られるようにすることだ。

お客様が、全く商品を必要としていないということだってある。

その場合は、時間の無駄になるし、お客様にも迷惑をかけ、お互いにいいことがない。

1秒でも早く退散する方がいい。

だから、早く断られて、早く自分がそこから去ることを考える。

そうすると、その間、他のお客様の所に回れる。

いかに素早く断られるかもポイントである。


【実践のツボ2】お客様を観察し、訓練を重ねる

数をこなして見込みのあるお客様か、まったくないお客様かを1秒で見分ける訓練をしよう。

コツは、第一声で「◯◯に興味ないですか?」というように、そのものズパリを言ってあげ、ピクッとしたとか、顔の表情が変化したとか、そういうことを瞬時に観察する。

そういったお客様の表情や言葉、周りのモノなど全体を見て、1秒で見抜く訓練をしていくといい。

訪問する前に、お客様に関する評判や、情報を入手できれば、それも忘れないことだ。



【1秒で断られるツボ】
★1秒で断られ、退散できるようになろう
★お客様を観察し、1秒で見分けられるようになろう


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

薬のみに頼らず、90日間でうつ病の寛解率90.9%、最新のうつ病治療法
東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック






いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿