2016年11月7日月曜日

いわゆる「偉い人」相手に萎縮しない法

こんにちは、佐藤康行です。


【実践のツボ1】どんな相手でも一人の人間だと考える

相手が大会社の重役や、政治家のようにいわゆる偉い人だと、最初から気後れをしてしまって、十分な営業ができないまま終わってしまう営業マンがたくさんいる。

しかし、地位や名誉・財産のある人が本当に偉い人だろうか?

高い地位に就いている人も、一旦家に帰れば、孫に目尻を下げている好々爺かもしれない。

奥さんの尻に敷かれているかもしれない。

所詮、同じ人間、裸になればみんな同じなのだ。


【実践のツボ2】商品のプロとして毅然として営業に挑む

それに、いくら相手が社会的なステータスが高いといっても、あなたの扱っている商品に関しては、相手はアマチュアである。

「私はこの分野のプロなんだ」という毅然とした意識で臨めば、自ずと迫力も出て、相手もあなたのことを初めて認めてくれるだろう。

社会的に地位の高い人は、同じく地位の高い人の人脈を持っている。

一気にそこから今までとは違う層のお客様を紹介される可能性が出て、売上が飛躍するチャンスが出てくるのだ。



【偉い人相手の営業で萎縮しないツボ】
★所詮、同じ人間なのだと考えを改める
★ブロとして意識し、さらなる人脈を手に入れる


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

薬のみに頼らず、90日間でうつ病の寛解率90.9%、最新のうつ病治療法
東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック






いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿