2016年12月31日土曜日

やる気が起きない時こそ、一心に打ちこんでみる

こんにちは、佐藤康行です。

やる気が起きない時というのは、その仕事が自分に向いていないか、上司や待遇を含めた環境が気に入らないか、それとも体調が悪いか……などいくつかあると思います。

そういう状態を早く脱却する方法があります。

それは、その仕事を思いっきりやってみることです。

それによって、自分がその仕事に向いているかいないかが、はっきりとわかってくるのです。

また、上司やまわりの人たちが、自分を本当に認めてくれているかどうかもわかってきます。

もしかしたら、あなたがいい加減にやっていたから、認めてくれないだけかもしれません。

だから、環境がよくないようにみえていたのかもしれません。

ですから、一度、三ヶ月なら三ヶ月と期限を区切って、全力でその仕事に打ちこんでみましょう。

きっと、そこから答えがみつかるでしょう。 


やる気がなくなったら、逆に期限を決めて、その間、一生懸命頑張ってみる。  




最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

薬のみに頼らず、90日間でうつ病の寛解率90.9%、最新のうつ病治療法
東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック






いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿