2017年7月26日水曜日

相手の立場になってみよう 「自分が相手を全然わかっていない」

こんにちは、佐藤康行です。


「あの人は、私のことを全然わかってくれない」そう思う出来事に、遭遇したとします。

それは、裏を返せば「自分が相手を全然わかっていない」ということです。

このような悩みを抱えているときは、一度、相手の立場から自分を見てみることが効果的です。

立場を変えることによって、初めて相手が何を求めていたのか理解できるのです。

では、相手の立場になる最善の方法をお教えしましょう。

それは、相手の立場を自分の立場から想像するのではなく、実際に行動で感じることです。

一日、母親と役割を入れ変えてみるのもいいでしょう。

お店をやっている人は、一度思いっきりわがままなお客になってみるのもいいでしよう。

そうすると、母親のありがたさがわかったり、自分の気持ちを理解してもらえたり、気づかないことに気づくようになります。

また、自分だったら、お店の人に何をして欲しいかなど、必ず新しい発見があります。

そのように、相手と立場を変えることによって、ふだんでは見えなかったものがたくさん見えてくるでしょう。


相手と立場を入れ変えると、相手の状況と気持ちが理解できるようになります。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!




いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿